まーくつうのBlog

樫戸丸のオオヤマレンゲ

オオヤマレンゲが開花中との連絡があり「土須峠」から「ファガスの森」を経て「風の広場」へ。
「風の広場」からは尾根沿いの道をゆっくり登っても30分程でオオヤマレンゲが咲く山「樫戸丸」に着きます。
頂上手前の自生地には金網でしっかりガードされた中に10株ほどのオオヤマレンゲがあり、20輪くらいの花が咲いています。
蕾も沢山ついているのでしばらくの間は清楚な「天女の花」を楽しめそうですが、残念ながら立派な金網に遮られて撮影のため花に近づくことも、芳わしい香りを楽しむこともままなりません。
IMG12327.jpg

金網から花までの距離は一番近いものでも3メートル程。ガスもかかっていて撮影条件としては非常に厳しい状態です。
この条件での花の撮影には望遠レンズと三脚が必携ですが、今回は愛用のレンズ100-300mmF4 通称”バズーカ砲”は持参しておらず無理を承知で広角レンズで撮影しデジタル処理で拡大したものが下の写真。オオヤマレンゲは蕾も風情があります。
IMG12301.jpg

「オオヤマレンゲ」の名前の由来は、紀伊半島の大峯山や、大台ケ原周辺の自生地が有名なことと、花が蓮の花(レンゲ)を連想させることによるものだそうです。
和名 : オオヤマレンゲ
学名 : Magnolia sieboldii
科名 : モクレン科
分布 : 関東以南の本州、四国、九州、朝鮮半島、中国

    2007/06/23     *   51TB 0   51Com 1  ↑ 

Comment

他の場所 ちゅら   URL   2007/06/25   [ Edit ]

おおやまれんげ、他の場所のもみてみたいですね。Aさんとなるきんがきょう、偵察に行ってると思うのですが ・・・・。
書き込み、わかりました。


P.W.   Secret    

Trackback

http://mark2.blog33.fc2.com/tb.php/51-a7f300f7

FC2Ad

.

ホームページ

mark2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター