まーくつうのBlog

登山と一眼デジカメ

山行を記録したり、感動を鮮明に残すためにカメラを持って山に登る人は多いと思います。
きれいな景色や花を記録に残すためにカメラを持って登山します。荷物を減らすために登山道具は小さく軽くが大原則ですが、カメラだけは大きくて重い一眼デジカメをいつも使っています。
yamacamera.jpg

素晴らしい画質に魅せられて重量1.5Kgを超える100-300mmの望遠ズームレンズを持って登ることも多いです。

最近ではデジカメの性能も向上して小さなコンパクトデジカメでもかなりきれいな写真が撮れるようになりました。今まで何度か小さなデジカメを持って山に登ったことがあります。ところが僅かな差ですが何かが違うのです。遠くの景色を写した時や夕暮れ時、そして広角で広い範囲を写した時にその差が広がるように思います。
写真が平面的になってしまって奥行感が出ないのです。

今まで撮影してきた1万枚以上の山の景色の中でも冬山が特に美しいと感じています。
それも、標高が高くて気温が低い時ほど空気がピーンと張り詰めていい写真が撮れます。樹氷が成長しガスが晴れ、さらに青空が広がってくれたら最高です。

カメラをザックに入れたままにしておくとシャッターチャンスを逃すことがあるため、いつも首からぶら下げて急坂を登っています。そのため、大切なカメラを岩や氷にぶつけて傷つけることも多く修理費がかさむのが悩みの種です。

このブログは写真の鮮度を大切にするために表示が少し重くなるのを覚悟のうえ出来るだけ大きなサイズで写真をアップしていますが、それでも実際の原画の容量の実に1/40~1/200程度にまで縮小しています。
原画をそのままプリントアウトすると”ハッ”とするほどきれいに撮れている写真も沢山あるのですが縮小してウエブに掲載するとそれなりの平凡な写真になってしまうのがとても残念です。

    2006/05/19   カメラ   *   22TB 0   22Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://mark2.blog33.fc2.com/tb.php/22-ccbdb46e

FC2Ad

.

ホームページ

mark2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター