まーくつうのBlog

ニッキ(シナモン)の効用②

毛細血管は45歳を過ぎる頃から老化が始まり、血液が流れない「ゴースト血管」が
増えてきます。
これを防ぐためには、血管の内皮細胞のTie2を活性化すればいいことが最近の
研究で分かっており、そのTie2を活性化する効果が高いのがニッキ(シナモン)だ
そうです。

正確には、シナニッケイという木の根の部分がニッキ、トンキンニッケイの皮を
粉末にしたものが桂皮(シナモン)、セイロンニッケイという木の皮の部分を粉末に
したものもシナモンとして売られています。

どれも同じようなものに見えますが、これらを実際に試したところセイロン産の
セイロンニッケイから作られたシナモンは、肝心のTie2を活性化させる効果は
あまりありませんでした。
毛細血管を修復する効果を期待するのであればニッキ又は桂皮を選ぶのが
正解です。


桂皮(シナモン)はスーパーのスパイス売り場に置いてあり、100円くらいで
簡単に手に入ります。
一日あたりの摂取量は、小さじ半分(0.6g)くらいまでくらいまでがいいそうです。

また、ニッキ(ニッケ)を使ったニッキ飴も普通にスーパーで売られています。

沖縄でスパイスとして使われている ヒハツ(長トウガラシ)や南アフリカ産の
ルイボスティなどもTie2を活性化させる効果が高いそうです。

↓ Tie2を活性化させるための私の朝食 (毎朝食べています)
朝食
スロージューサーで搾った野菜・果物のジュースにエゴマ&アマニ油
豆乳で作ったR1ヨーグルトに干しぶどう そして桂皮(シナモン)をたっぷり。

↓ Tie2を活性化させるため山の上で摂っている私の昼食 (毎日食べています)
山での昼食
フライパンの中は、かえりいりこ、タマネギ、ショウガ、ニンジン、椎茸、カボチャ。
それにTie2を活性化させる桂皮(シナモン)&ヒハツ(長トウガラシ)のスパイス 
タッパーの中は、玄米ご飯 黒ごま、きな粉
ブロッコリー、サラダ菜、サンチェ、鳴門ワカメ、リンゴ  
ポットの中のお茶はルイボスティ&相生番茶 
おやつはニッキ飴
このTie2活性化の食事を続けた結果、僅か1週間で体中に驚きの変化が…


皆さんも是非試してみてください。 その絶大な効果に驚かれることと思います。
シナモンの効果・効能は以下のとおりです。
・Tie2を活性化させることによる毛細血管の老化防止効果
・Tie2を活性化させることによる毛細血管を修復する効果
・毛細血管を丈夫にすることによるシミ、シワ、たるみの予防・改善
・頭部の毛細血管を丈夫にすることによるハゲ、抜け毛の予防・改善
・脂肪細胞を小さくする効果によるダイエット効果
・中性脂肪、コレステロールを下げる効果
・毛細血管の血行不良改善への効果
・高血圧の改善効果
・血栓予防効果
・毛細血管の血行促進による冷え・冷え性・むくみの改善効果
・血糖値(ヘモグロビンA1C)を下げる効果
・殺菌作用、解熱作用により風邪の予防や改善

    2018/12/10   健康   *   131TB 0   131Com 2  ↑ 

Comment

作ってみました 笹田 洋子   URL   2018/10/29   [ Edit ]

> 10月19日金曜日、焼山寺へ向かっている時に出会い、昼食をおすそ分けしていただいた、岡山県の備中高梁から来ていた笹田です。思い出していただけたでしょうか。その節は本当に親切にしていただき、お遍路の良い思い出となりました。
> あれから翌日も無事に予定通り、15番まで行くことができ、翌々日には17番まで行って帰宅しました。とても印象的なお話しと昼食だったので、早速焼山寺の宿坊でご一緒した方にもお薦めしましたよ。
> さて、昨日やっと小豆を買い、一晩つけた玄米と小豆、少量の白米を今日炊飯器で炊いてみました。炊飯器の玄米機能と水の目盛りに合わせて炊いたところ、一昼夜つけていたからかかなり柔らかく炊けてしまいました。これから次第に上手になるとは思います。今日は、早速そのままいただきましたが、次回は、野菜類と一緒に炒めようと思っています。ニッキもしっかり使用したいと思っています。
> 色々と本当にありがとうございました。今後もまたこのサイトから情報を収集させてください。

お遍路お疲れさまでした。 m2   URL   2018/10/29   [ Edit ]

無事に高梁へ帰られたようで一安心です。
発芽酵素玄米は色々なバリエーションがありますので、
ご自分に合ったアレンジを楽しんでください。
堅めが好みでしたら、水を少しだけ控えめにして‥とかです。



P.W.   Secret    

Trackback

http://mark2.blog33.fc2.com/tb.php/131-271be168

FC2Ad

.

ホームページ

mark2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター