まーくつうのBlog

北京オリンピックのおかげで青空が戻ってきました。

北京オリンピックが始まりました。
北島選手や谷本選手の活躍は素晴らしいですね。

でも、オリンピックが始まってもっと嬉しいことが起こっています。
皆さん、お気づきですか?

ここ数日、空気がとっても澄んでいて空がきれいなんです。
遠くの山の稜線がクッキリ見えます。
入道雲も真っ白で青空との境目もクッキリ!
夕焼けが真っ赤に色づいています。

何と、20年以上も前のきれいな日本の空に戻っているのです。
庭に出て、サルスベリの向こうに見える空を撮ってみました。  

青空

今まで標高1,000mを超える山頂や台風の後にしか見ることができなかった澄みきった青空です。
以前、このブログで青空を見つけました。という記事を書いたことがあります。

中国は、国の威信をかけて「空気が汚い」という汚名を払拭するため「北京オリンピック」の
期間中に大規模な大気汚染対策を実施しています。→こちら

この大規模な大気汚染対策のおかげで、日本に青空が戻ってきました。

実は、うすうす日本に青空がなくなったのは隣国の大気汚染の影響ではないかと
思っていたのですが、これほど大きな影響を受けていたとは予想外でした。

オリンピック期間中、皆さんも外に出て澄みきった青空を確認してください。
夜空に輝く星を見て、地球全体の環境保護について考えてみませんか。


追伸)
北京オリンピックが終わると、きれいだった徳島の空にも日ごとに霞がかかるようになり、
残念なことにオリンピック前の状態に完全に戻ってしまいました。

その後、中国の大気汚染はますます酷くなってきています。

SPRINTARSによる大気汚染物質の流れの予測動画は → こちら

九州大学応用力学研究所による東アジア地域の黄砂・大気汚染物質分布予測は → こちら

環境省大気汚染物質広域監視システム(愛称そらまめくん)は → こちら

硫酸塩エアロゾルと大気汚染粒子の分布は → こちら

で確認できます。

    2008/08/15   環境   *   59TB 0   59Com 4  ↑ 

FC2Ad

.

ホームページ

mark2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター