まーくつうのBlog

アメリカから新しいGPSが届きました。

登山用のGPSとしてガーミン(GARMIN)の etrex VISTA-Cを愛用していますが、アンテナにSiRFの新しいディバイスが搭載されて受信能力が向上し衛星捕捉性能が格段に良くなったとの宣伝を見てGARMINのGPSmap 60CSxをアメリカの販売店から衝動買いしてしまいました。
このGPSmap60CSxはファームウエアをアップデートすることでmicro SDカードにトラックログを自動的に書き込むこともできます。最新のファームウエアはVer 3.0で動作もかなり安定してきたようです。
同時に1GBのmicroSDカードも購入してフリーソフトMapView25000で作成した全国版の1/25000の地図と50m等高線を載せて使っていますが、雪山や藪山の詳しいナビゲート用としてアップアップダウン製作所が販売している日本詳細1/25,000地図(20m等高線付き)も問題なく使えます。
GPSmap60CSxとetrexVISTA-C

 左側が新しくコレクションに加わったGPSmap 60CSx 右側は愛機etrex VISTA-C

毎週登っている大麻山で2台のGPSのトラックログを比較してみました。
両機の受信条件が出来るだけ同じになるようにリュックの肩紐の右側と左側の上にそれぞれセッティング。
 
GPSmap60CSxとetrexVISTA-Cのログ比較
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平18総使、第172号)」


新しいGPSmap60CSxはさすがの衛星補足性能で深い立木に覆われた鞍部に位置する「真名井の水」付近のトレースも実に安定しています。ただetrex VISTA-Cも最新のファーウエア2.60にしてからはトレース性能も格段に向上していて予想以上に健闘してくれています。

    2006/07/04   GPS   *   23TB 1   23Com 0  ↑ 

FC2Ad

.

ホームページ

mark2

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メール

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カウンター